ラインの視認性について

渓流のトラウトルアーフィッシングは

流れの複雑な川がフィールドです。

ルアーの位置は常に見ていなくてはいけません。

 

ルアーの位置を確認する手段として、ラインをたどります。

つまり透明のラインだと、見えにくい。

カラーラインを使います。

カラーラインをつかいます。

 

写真のように釣り人から見て、見えやすいラインを使います。

写真のように、フィールドでよく見えます。

ラインが水の中に入ってもよく見えます。

 

派手な色なので、魚からも見える?

とおもうでしょう。でも実際はあまり透明と違いがありません。

釣り人が多く、魚がいじめられている川では

 

先端に50センチほどショックリーダーを使います。

素材はフロロカーボンといって、擦れには強いラインです。

管理人はあまり使いません。

 

これで条件の

4、視認性がよい

はOKです。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ