専用のラインを使う

スピナーなど、回転系のルアーを使うと

ラインがよれてきます。

このラインがよれた状態をパーマと言います。

スピニングリールを使うと、さらに

パーマしやすくなります。

本来、回転系のルアーには、ベイトリールがいいといわれていますが、

渓流で使うのは、相当の慣れと我慢が必要になります。

初心者の方のために解説している、当ホームページでは

ベイトリールはとりあえず、省きます。

 

渓流のトラウトルアーフィッシング専用のラインは

数多く売られています。

もちろんそれらはスピニングリールでの使用が前提でしょう。

 

トラウト専用のラインはメーカーが常に研究しているので、

よれにも強くなっています。

 

こちらの写真のように、TROUTと書かれている物を

選べば間違いありません。

 

それでも使っているうちに、よれてくるので、

よれたら、先端の方を切る。

常に心がけます。

よれるということは、強度も落ち、切れやすくなります。

 

これで条件

6、よれに強い

はOKです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ