スピニングリールの特徴

スピニングリールの大きさが決まったところで、

次にスピニングリールの特徴を見ていきます。

 

 

(画像をクリックすると大きくなります)

 

スピニングリールの各部の名称です。

スピンニングリールはハンドルを回すと

ローターが回転して、スプールにラインが巻かれていきます。

 

 

その際スプールが回転に合わせて上下します。

そのため、均等に糸が巻かれます。

 

 

キャストする時は、ベイルを手で反対側に返して、

ラインをフリーにします。

ラインを指でひっかけて、ロッドを振って、ルアーを投げます。

ベイルがフリーになっているので、ラインが出て行きます。

 

 

ルアーが着水したら、ハンドルを回すと、

ベイルが元に戻ります。

 

 

魚がかかった時、ラインが切れる前にスプールが

回転して、ラインを切れないようにします。

このとき、ブレーキの役割を果たすのが、

ドラグです。

閉めるとブレーキが強くなり、

緩めるとブレーキの効きが悪くなります。

 

 

ラインローラーはラインを巻き取る時

ラインがベールに擦れて劣化しないように

ローラーが回転します。

 

 

アンチリバースレバーは、

通常オンにします。

オンにすると、ハンドル、ローターが

逆回転しません。

オフにすると、逆回転します。

 

大雑把に説明すると、特徴はこのようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ