リールの大きさについて

リールを選ぶさい、

最初に注意しなければ、いけないのが

リールの大きさです。

 

 

 

渓流のトラウトルアーフィッシングでは、

4ポンドのラインをメインに強くても5ポンドも使います。

号数にすると、1~1.5号ぐらいになります。

1号のラインを90メートル(100ヤード)以上巻ければ大きさ的には合格です。

 

 

 

90メートルもラインがいるのか?

と思うことでしょう。

細いラインを使うので、使用で弱ってくれば、

すぐにラインの先の方を数メートル切り捨てます

これを繰り返すので100メートルのストックは必要です。

 

 

 

また大きすぎると、重くなり渓流には不向きです。

そして何よりもサミングできなくなります。

サミングとはルアーが飛んでいく時、

人差し指でブレーキをかけ、飛距離をコントロールするテクニックです。

 

 

写真がサミングの仕方です。

大きすぎると、指が届かなくなります。

 

 

 

この規格を考えると、シマノのリールならば

1000、1000S、C2000が最適です。

実はこれらのリール、糸巻き量の違いで

ほぼ同じ大きさになります。

シマノのホームページを観ればわかりますが、

一番小さいサイズになります。

(写真はナスキー1000S。手ごろな価格で高性能)

 

 

 

大きさ的にはこれしかありません。

ウルトラライトのロッドを使うので、

リールも小さくて、繊細な物になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ