リールのドラグについて

ドラグとは、魚がかかったさい、

ラインが切れる前に、スプールが回転して

ラインが切れるのを防止するのと、

魚が走った時、ブレーキの役目をはたします。

小さなリールでも、ドラグを上手く活用することで、

大きなトラウトをしとめることができます。

 

またドラグを使ってのやりとりは、

トラウトルアーフィッシングの醍醐味です。

 

スピニングリールのドラグにはフロントドラグとリアドラグの

2種類があります。

 

写真はフロントドラグのリールです。

赤丸で囲まれた部分のつまみを回して

調整します。

 

 

上の写真はリアドラグです。

赤丸で囲まれた部分の黒い部分を回して調整します。

またこのリールはファイティングレバーが着いているので、

黒いつまみの上のレバーでさらに調整できます。

このレバーは魚とやりとりしている時に使用します。

 

 

2種類ドラグがありますが、フロントドラグが一般的です。

ロッドにリールをセットし、ラインを通して、

ラインを引っ張ります。

ラインが切れる寸前までドラグを閉めるとか、

ものの本には書いていますが、

実際には、もっとゆるくします。

ラインは使用するにつれ、劣化するので、

写真のように実際にラインを引っ張り、

ロッドの曲がりを見て調整します。

ドラグが滑って、スプールが回転すると

キキキキっとクリック音がします。

 

 

ちなみに渓流では昔よく使われたリールで

カーディナル33がリアドラグでした。

そのため、渓流はリアドラグって思っている人も多いでしょう。

確かにリアドラグは、魚とやりとりしている時、

閉めたり、開けたりが楽でした。

もう1個リールを買うとしら、リアドラグを検討しても

いいでしょう。

 

 

初めての1個はフロントドラグのリールがお勧めです。

理由は価格的にも性能的にもいいからです。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ