渓流のトラウトルアーフィッシングのリールについて

渓流のトラウトルアーフィッシングで、

最も吟味しなければ、いけないのが

リールです。

 

(写真のリールはシマノのナスキー1000s)

 

リール次第で、上達が早くもなれ、遅くもなります。

どういうことかというと

リールの性能がよければ、トラブルが少なく

釣りに集中でます。

また巻き上げの性能がよけらば、

それだけルアーを操作しやすくなります。

 

性能がいいに越したことはないですが、

渓流に適したリールがあります。

性能だけ追い求めるのではなく、

適したリールを選択するのが、

上達への近道です。

 

とは言っても最近のリールは安くても

高性能です。

うん万もするようなリールは要りません。

 

リールに求められる性能やサイズは決まっています。

リールを選ぶポイントがあるので、

これから、細かく説明していきます。

ポイントを満たしていれば、後は好みの問題です。

 

(写真は04バイオマスターのリアドラグ、

管理人はリアドラグ派だったりする。)

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ