ミノーについて

ミノーには大きく分けて2種類あります。

シンキングとフローティングです。

シンキングは沈む物で、

フローティングは水面に浮く物です。

 

 

渓流のトラウトルアーフィッシングでは、

フローティングを主に使います。

水面に浮くと言っても引けば沈みます。

写真はフローティングです。

引くとリップに水圧がかかり沈みます。

リップの角度が鋭角になるとよく潜ります。

渓流では主にフローティングを使います。

 

写真はシンキングです。

写真でもわかるようにリップが大きく、よく潜ります。

淵の底を探って大物を狙うとかで使い方はいろいろあります。

 

最初のうちはフローティングを中心に持っておくといいでしょう。

底の方を探るといっても、スプーンで探ることがほとんどです。

スプーンで反応がなければ、ミノーで探るみんいな感じです。

 

サイズは3~7センチを持っておけばOKです。

買いにいくとわかりますが、スプーンやスピナーと比べ

高額です。

管理人も最近そのことがあり、使う頻度が少なくなりました。

 

使い方としては、トゥイッチングをしながら使います。

トゥイッチングとはロッドを細かくあおって、

小魚のキラキラ感を演出します。

 

形は細いほど、流れで安定します。

渓流では、細身の物が多くなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ