ランディングネットについて

ランディングネットは、

大物がかからないと、あま使用しません。

渓流の魚に対して、タックルの方がたいがい勝っています。

しかし、本流などで、大物がヒットする可能性がある

場所では、必要です。

 

渓流は足場がいいところだけとは限りません。

岸に引きずり上げたり出来ない場所もあります。

せっかくヒットして、近くまで寄せた大物を

取り込めないとなれば、とても残念です。

 

またミノーなど、フックが2箇所についている

ルアーでヒットした魚を

ハンドランディング(えらや口に手を入れてつかみあげる)

そするのはとても危険です。

そのためにもランディングネットは必要です。

 

 

動画はエサ釣りでニジマスをランディングしたところです。

ネットなしでは、取り込めなかったと思います。

ルアーフィッシングでも同じです。

川に立ちこんでのランディングならば、

必ず必要です。
>>>おすすめランディングネット

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ