ロッドの種類

ルアーロッドには大きく分けて2種類あります。

 

ベイトロッド

 

ベイト

 

ベイトロッド
スピニングロッド

 

スピニング

 

スピニングロッド

の2種類になります。

写真を見ていただければわかるように、

装着するリールが違います。

 

ベイトロッドにはベイトリール

スピニングロッドにはスピニングリールを

装着します。

 

ベイトロッドは巻くあげる力が強く、大物に有利です。

その反面軽いルアーを投げにくいです。

どちらかと言うと淡水ではブラックバスに使います。

 

スピニングロッドとスピニングリールは軽い物を投げる

のに適しています。

その反面ベイトリールに比べるとパワーが落ちます。

 

渓流のトラウトルアーフィッシングではスピニングロッドを使います。

 

渓流で使うルアーは重くても7グラム位までなので、

スピニングで十分です。

 

最近では渓流でベイトタックルを使う人もいます。

ブラックバスようにベイトフィネスと言って

バスでも軽いルアーをベイトタックルで釣るのが

ブームになっています。

そのタックルを渓流に活用する感じです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ