ロッドの選び方

渓流のトラウトルアーフィッシングで、ロッドは

キャスティングのしやすさに大きく影響します。

 

 

ルアーをポイントにキャストできなければ、釣りになりません。

リールと共に自分のレベルに合わせ最適な物を選びたいです。

 

 

ロッドの素材は3つあります。

グラス、カーボン、ボロンに分かれます。

もしくはこの3つの素材が交じり合っています。

 

 

特徴は

 

グラスロッド:素材そのものがやわらかく、魚がかかった時しなやかに

曲がる。短所は重いことと、グラス繊維が切れやすく

すぐにへたってしまう。感度が悪い。価格は安く1万円以下。

 

 

カーボンロッド:ルアーロッドの中でもっとも使用されている。

特徴は貼りがあって、軽く、ヘたりにくい。

反発力が強く、正確なキャスティングが可能。感度もよい。

短所は反発力が強いので小さな魚をかけても、あまり

面白みがない。価格は1~2万円

 

 

ボロンロッド:以前は高級ロッドに使われていた素材。

今でも上級モデルに設定されている。

特徴として、グラスロッドのしなやかさとカーボンロッド

のへたりにくさ耐久性、軽さ、感度の良さを持つ。

短所としては価格が高い。3~5万円以上。

以上の素材に分かれます。

 

 

初心者の方が初めの1本もつなら、カーボンロッドをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ