渓流ルアーロッドのテーパー(調子)について

ルアーロッドには、同じアクションでも

ロッドの曲がり方に違いがあります。

 

一般的に3種類あります。

  1. ファストテーパー
  2. レギュラーテーパー
  3. スローテーパー

になります。

1、ファストテーパーは先の方がよく曲がり、

根元に近くなるほど硬くなります

写真のように先のほうだけ、曲がりが大きいです。

先の方だやわらかいので、正確なキャスティングに向きます。

渓流では、正確なキャスティングをしなければ、

釣りにならない場面もあるので、

その点だけ考えれば一番適しています。

その分、ベリー(根元)が硬いので、

小さな魚をかけると、ロッドの方がオーバーパワーで

釣り味はつまらないです。

 

 

2、レギュラーテーパーはロッドの真ん中あたりがよく曲がります

写真のように真ん中あたりに調子があります。

レギュラーテーパーはファストテーパーと

比べると、アキュラシーキャスト(正確なキャスティング)が

しにくくなりますが、なれでなんとかなります。

キャスティングと魚とのやりとりをかなえると、

レギュラーテーパーが優れています。

 

 

 

3、最後にスローテーパーはロッドの根元から曲がります。

写真のようにロッド全体が曲がります。

スローテーパーはアキュラシーキャストに

もっとも向きません。

でもこれで慣れると、魚をかけた時、

最も楽しめます。

スローテーパーで注意しなければいけないのは

ベリー(根元)にパワーあなく、

あわせが効かない物があります。

またもしも大物が来たとき、ロッドがのされる

可能性もあります。

 

これから始める初心者の方が始めに1本選ぶとすれば

ファストテーパーのロッドがお勧めです。

もしも大物がかかっても、ロッドがのされることは、

渓流ではまずないです。

 

慣れてきたら、レギュラーテーパーを使う。

後好みの問題です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ