どんな場所で渓流のルアーフィッシングをするのか

ヤマメやイワナ、ニジマスといったトラウトは

川の中上流域に生息しています。

 

渓流のトラウトルアーフィッシングも

中上流域で行います。

 

 

本流

 

 

写真や動画のような中流域から上流になります。

 

ちなみに写真と動画の川は宮城の荒雄川です。

この川はキャッチ&リリース区間が設定してあります。

キャッチ&リリース

 

キャッチ&リリースとは釣った魚は必ず川に戻すということです。

全国でも設定している川が増えています。

 

初心者のうちはこういう川を選んでいくようにするといいです。

毎年放流量も多いので、スレていない魚も多いです。

 

この川は本流です。

もちろん支流でもルアーはできます。

 

しかし、こういった大きな川の本流で釣ってこそ

トラウトルアーフィッシングの醍醐味があります。

 

時には大物に出会うこともあります。

 

初心者の方に

できるだけ魚が多くて大きな川をこのブログでは推奨します。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ