どんな魚が釣れるの?

渓流のトラウトルアーフィッシングで釣れる魚は主に3種類です。

 

  • ヤマメ(アマゴ)

ヤマメ

 

  • イワナ

イワナ

 

  • ニジマス

ニジマス

 

になります。

 

 

他にもブラウントラウトやコーホサーモン、ブルックトラウト、アメマス、イトウ、オショロコマ

などのトラウトが釣れますが、日本全国で一般的なのはヤマメ(アマゴ)、イワナ、ニジでしょう。

 

 

■ヤマメは渓流魚のなかでもとてもキレイな魚で

体側に丸い斑点が並んでいます。

コノ斑点をパーマークといいます。

 

 

とても警戒心が強く、アタマがよく、動きが俊敏です。

釣るのが難しいだけに、釣り人を燃えさせる何かばあります。

 

 

中流域から上流まで生息していて、一番の対象魚です。

30センチを超えると大物になります。

アマゴはヤマメと似ている魚で西日本に生息しています。

 

 

■イワナは一番上流にいる魚で、上流から源流まで生息しています。

全身に白い斑点があります。

とても獰猛で生命力も強いです。

 

 

ただし、水温には敏感で冷たい水を好みます。

ルアーや毛ばり、エサで釣ると、ヤマメと比べ

動きが鈍いです。

 

 

■ニジマスはもともと外国から輸入された魚です。

天然繁殖するのは珍しく、放流物がほとんどです。

極一部の河川では天然繁殖も確認されています。

 

 

ヤマメやイワナよりも

生息域がひろく、適応力もあります。

動きはヤマメほどではありませんが、

この中では一番パワーがあります。

 

 

ドラグを鳴らすのコイツとのファイトです。

虹色に光る体側が特徴です。

 

 

■番外(外道)

ハヤ

ハヤです。

 

 

ウグイと呼ぶ地域もあります。

 

 

渓流では代表的な外道です。

鯉科の魚で、4月ごろ群れになって川を上り、産卵します。

トラウトと比べ、触るとぬるぬるします。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ