管理人さんの記事一覧

荒雄川がベストシーズン 2015年

ゴールデンウィークは雪代でまったく魚の気配がなかった荒雄川。

あのニジマスはどこ行ったの?

「雪代の色を見るとガッカリ」なんて思うのは管理人だけではないよね。

oni1

でも釣れました。

2015年1尾めの荒雄川レインボーです。

37センチとこの川にしてはやや小ぶり。

コンディションはめちゃめたやよく、

 

テールウォークしました。

 

ベイトタックルでもドラグを使ってのファイトは緊張します。

6ポンドのナイロンですが、切られそうになります。

oni2

立て続けにヒットです。

 

2尾目は40UP

 

荒雄川のアベレージです

 

その後続けて4尾にニジマスが釣れました。

 

2015シーズンも期待を裏切らない川です。

 

この日はニジマス×5

ヤマメ×1

そしてハヤ×1

でした。

oni3

最後にニジマスのアップです。

 

 

一人解禁日

渓流解禁して1カ月以上たちました。

なんと管理人は今日が釣り始めです。

 

もうゴールデンウイークなのに今日です。

 

さっそく荒雄川に行きました。

onikoube

ついてビックリ!ではないが、雪代が思いっきりはいってます。

yukisiro

いつもエメラルドグリーンの荒雄川ですが、

さらに白が強い感じです。

水温は7度です。

 

すぐに見切りをつけて移動しました。

 

続いて鳴瀬川本流。

narusehonnryu

こちらも雪代ですが、水温10度です。

 

堰堤下を軽く攻めたら、すぐに答えが返ってきました。

yamame4292

今年の初ヤマメです。

サイズは18センチくらいです。

本流の魚だけあってサイズの割にはパワーがありました。

 

流芯の脇からでてきました。

 

さらにもう1本

yamame4291

こちらは本流のヤマメらしく、25センチありました。

なかなかの引きでした。

 

2本釣ったので引きあげようとしたら、下流にルアーマンがいました。

 

少し話を聞くと、かれも今日が初釣りとのこと。

毎年今頃からルアーに当たり始めるといい情報が入りました。

 

ちなみに管理人はこの場所でルアーマンを見たのは初めてです。

 

連休中はここに通ってみます。

 

今日のタックル

ロッド:メジャークラフト ファインテールFTS-B4102UL

リール:T3air 8.6l

ライン:サンライン トラウトィスト 6ポンド

ルアー:ホーマックスプーン

 

 

ゴールデンウイークは釣りができない。

ゴールデンウイークは子どもと一緒にお出かけ。

小学生の子どもがいる管理人にとっては毎年のことです。

 

今年は遠出はしないで近場に出かけました。

いつものホームグランドの一つ鳴子に行きました。

 

なにやら地獄谷遊歩道なるのもがあるので、以前から気になっていました。

jigoku

温泉が十数か所から吹上、人を寄せ付けない雰囲気と書いてあります。

 

その遊歩道の様子です。

 

yuuhodou

 

温泉が噴き出しています。

常に吹き出ているところもあれば、数分置きに吹き出るとこともあります。

 

常にふきだしているところはこんな感じです。

噴水ではありません。

近づくと、熱いです。

 

そして川を見ると、イワナを見つけました。

iwana3

 

そのイワナの動画です。

 

こんな人がよく歩くところで、よく逃げないものです。

 

結局ゴールデンウイークって、釣りに行けるのは朝早くか夕方のちょっとした時間だけです。

でもこれからが、渓流本番です。

 

渓流ベイトフィネスはめちゃめちゃ楽しい。

今年の自分の初渓流は、いろいろあって4月になってしまいました。

その理由の一つが、コイツ を待っていたからです。

 

コイツとは、T3 AIRです。

去年あたりから、なにかと話題になっていた渓流ベイトフィネスをどうしてもやりたくて購入しました。

 

地元の釣り具屋にオーダーをいれてから、

 

なんと1か月待ち

アマゾンで買えば、そんなことはなかったが、もしも壊れた時などを考えると、地元の釣り具屋にしました。

 

t3

 

ちなみにギヤ比は8.6です。

そして、ついに先週入荷しました。

 

早速、ラインをまいて準備完了。

ラインはトラウティストの6ポンドです。

 

hono

今日のフィールドは、宮城県の某川。

家から一番近いフィールドです。

車で20分。

 

ウエーダ^を履き、ロッドにリールをセット。

fine

 

ロッドはメジャークラフトのファインテールFTS-B4102ULです。

ちなみにこのロッドも品薄状態です。

ヤフオクに唯一出品してあった新品を即決しました。

 

リールが高額だけに、ロッドまでお金が回りません。

 

では早速キャスティングです。

設定はオールラウンドでブレーキダイヤルを9にあわせました。

 

最初にブレットンの3グラムをキャストしてみました。

軽くサミングをいれましたが、バックラする気配が全くない。

 

次にノーサミングで。

それでも問題なし。

 

これはすごい。

 

バスとはまた違う楽しさ。

慣れてくるとキャスティングがピンポイントできまります。

しかも弾道が低い。

 

ギヤ比も8.6は流れに負けることなく引けます。

 

yamamae1

スプーンにチェンジして、すぐにヒット。

yamame2

 

続けてまたヒット!!

 

この日は2時間やって結果3匹でした。

ばらした数は倍以上です。

 

t3air

 

渓流ベイトフィネス。めちゃめちゃ楽しいです。

それ以上にT3 AIRはすごいリールです。

ダイワさんありがとう。

 

バスにも使うつもりでしたが、渓流専用になりました。

 

使用タックル

 

ロッド    メジャークラフト メジャークラフト(Major Craft) FINE TAIL ベイトモデル FTS-B4102UL

リール   T3 AIR 8.6L-TW 860697

ライン サンライン(SUNLINE) トラウティスト WILD 150m 6lb/1.5号

 

 

渓流でPEラインは必要か?

最近PEラインについて、よく質問をいただきます。

PEラインのあの強度は魅力ですよね。

 

管理人もよくバス釣りで使います。

bass

 

写真のように、フログなどトップウォーターで使う時はとても便利です。

 

では渓流では?

渓流は見ての通り、トップウォーターを使うことがほとんどありません。

 

むしろ水中の石や障害物にルアーが当たったり、ラインが擦れることが多いです。

PE ラインはても丈夫ですが、弱点があります。

 

擦れにとても弱い!

これが一番の弱点です。

 

これを解消するのが、リーダーラインです。

PEラインの先に1メートルほど別のラインをつけます。

管理人はフロロカーボンをつかっています。

フロロカーボンも強いラインですが、PEライン程の強度はありません。

 

フロロカーボンラインの特徴は

擦れに強い!

 

これが特徴です。

この組み合わせはルアーのロストも少なく、なれると最強の組み合わせです。

 

しかし、初心者の方にはあまりおすすめではありません。

 

なぜなら、PEラインはより糸なので、トップガイドによく絡まります。

イライラします。

SICガイドだといくらかいいですが、それでも絡み付きます。

sic

 

SICガイドはガイドが斜め上を向いていて、絡みにくくできています。

扱い安く、コスト的なことも考えると、最初のうちはナイロンがいいでしょう。

 

こちらはトラウト用のPEライン。

こちらはPEライン専用設計のロッド。

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ