「ラインについて」の記事一覧

渓流でPEラインは必要か?

最近PEラインについて、よく質問をいただきます。

PEラインのあの強度は魅力ですよね。

 

管理人もよくバス釣りで使います。

bass

 

写真のように、フログなどトップウォーターで使う時はとても便利です。

 

では渓流では?

渓流は見ての通り、トップウォーターを使うことがほとんどありません。

 

むしろ水中の石や障害物にルアーが当たったり、ラインが擦れることが多いです。

PE ラインはても丈夫ですが、弱点があります。

 

擦れにとても弱い!

これが一番の弱点です。

 

これを解消するのが、リーダーラインです。

PEラインの先に1メートルほど別のラインをつけます。

管理人はフロロカーボンをつかっています。

フロロカーボンも強いラインですが、PEライン程の強度はありません。

 

フロロカーボンラインの特徴は

擦れに強い!

 

これが特徴です。

この組み合わせはルアーのロストも少なく、なれると最強の組み合わせです。

 

しかし、初心者の方にはあまりおすすめではありません。

 

なぜなら、PEラインはより糸なので、トップガイドによく絡まります。

イライラします。

SICガイドだといくらかいいですが、それでも絡み付きます。

sic

 

SICガイドはガイドが斜め上を向いていて、絡みにくくできています。

扱い安く、コスト的なことも考えると、最初のうちはナイロンがいいでしょう。

 

こちらはトラウト用のPEライン。

こちらはPEライン専用設計のロッド。

ラインまとめ

渓流のトラウトルアーフィッシングでは

 

  • トラウト用の専用ラインで
  • 太さは1~1.25号
  • 4~5ポンド
  • 釣り人から目立つ色
  • 素材はナイロン

 

を選びましょう。

最後に1点

強すぎるライン(6~8ポンド)を勧めないのには理由があります。

太さ的にも6ポンドだと1.5号くらいで使えそうですが、

勧めない理由があります。

 

 

写真のように木の枝が張り出している下に

ポイントがあります。

もしミスキャストして、木の枝にルアーが絡まったら?

 

 

そうです。このときあまり強すぎるラインだと

枝がゆさゆさ揺れ、切ろうと思って引っ張ると、

ラインが切れ反動で木がさらに揺れます。

このポイントは終わりです。

 

そのため、強すぎてもラインは×です。

 

 

 

ラインの経済性

渓流のトラウトルアーフィッシングでは、

ラインの先端を切ることが多くあります。

ラインは1番の消耗品です。

今までも説明したように

よれたら切る

擦れたら切る

の他に、根がかりなどして、引っ張り、伸びたら切る

大物を釣り終えらたら切る

など、ラインを多く消耗します。

 

100ヤードのラインを買っても1日で終わり

ってことも多々あります。

 

そのため、単価の高いラインは使わないほうがいいです。

素材としては

ナイロン ⇒ フロロカーボン ⇒ PEライン

の順に高くなります。

 

ラインの強度も同じ順番で強くなります。

では同じ値段ならどれを選ぶか?

 

 

 

管理人ならナイロンです。

 

理由は

フロロカーボンは擦れには強いが比重が重く、飛距離が出ない。

 

PEはラインそのものの強度は最強です。

管理人も海でよく使うので、特性をよく知っています。

でもこのライン、擦れにめちゃめちゃ弱いです。

 

海のルアーの話になりますが、PE専用のSICガイド(ロッドの糸を通す部分)

のロッドでも、気をつけてラインを見ていないと、キャストした時

ルアーだけ飛んでいくことがあります。

あともう一点渓流に向かないのは伸びないtころです。

根がかりした時、ラインの伸びで反発を利用して外れることが

多いです。

PEではまず出来ないです。

 

以上の点から、ナイロンを使用します。

 

これで条件

6、経済性にすぐれている

はOKです。

専用のラインを使う

スピナーなど、回転系のルアーを使うと

ラインがよれてきます。

このラインがよれた状態をパーマと言います。

スピニングリールを使うと、さらに

パーマしやすくなります。

本来、回転系のルアーには、ベイトリールがいいといわれていますが、

渓流で使うのは、相当の慣れと我慢が必要になります。

初心者の方のために解説している、当ホームページでは

ベイトリールはとりあえず、省きます。

 

渓流のトラウトルアーフィッシング専用のラインは

数多く売られています。

もちろんそれらはスピニングリールでの使用が前提でしょう。

 

トラウト専用のラインはメーカーが常に研究しているので、

よれにも強くなっています。

 

こちらの写真のように、TROUTと書かれている物を

選べば間違いありません。

 

それでも使っているうちに、よれてくるので、

よれたら、先端の方を切る。

常に心がけます。

よれるということは、強度も落ち、切れやすくなります。

 

これで条件

6、よれに強い

はOKです。

 

ラインの視認性について

渓流のトラウトルアーフィッシングは

流れの複雑な川がフィールドです。

ルアーの位置は常に見ていなくてはいけません。

 

ルアーの位置を確認する手段として、ラインをたどります。

つまり透明のラインだと、見えにくい。

カラーラインを使います。

カラーラインをつかいます。

 

写真のように釣り人から見て、見えやすいラインを使います。

写真のように、フィールドでよく見えます。

ラインが水の中に入ってもよく見えます。

 

派手な色なので、魚からも見える?

とおもうでしょう。でも実際はあまり透明と違いがありません。

釣り人が多く、魚がいじめられている川では

 

先端に50センチほどショックリーダーを使います。

素材はフロロカーボンといって、擦れには強いラインです。

管理人はあまり使いません。

 

これで条件の

4、視認性がよい

はOKです。

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ