「ルアーについて」の記事一覧

ルアーまとめ

ルアーについてまとめると

スプーン

  • 重さは3~8グラム
  • カラーは金、銀

 

スピナー

  • 重さは3~5グラム
  • カラーは金、銀

 

ミノー

  • シンキングとフローティング
  • 大きさは3~7センチ

ということになります。

 

その他、スプーンとスピナーは黒系の色があると、さらにOKです。

 

フィールドに入って、魚があまりスレていなければ、銀系が釣れます。

次にゴールド、最後にブラックとなります。

 

シルバー ⇒ ゴールド(カッパー)  ブラック

 

大きさも最初は大きいルアーで、反応がなければ小さいルアー

となります。

 

スプーン、スピナー、ミノーでどれを選択するかは

魚がいるところに一番近づけられるルアーを選びます。

ミノーについて

ミノーには大きく分けて2種類あります。

シンキングとフローティングです。

シンキングは沈む物で、

フローティングは水面に浮く物です。

 

 

渓流のトラウトルアーフィッシングでは、

フローティングを主に使います。

水面に浮くと言っても引けば沈みます。

写真はフローティングです。

引くとリップに水圧がかかり沈みます。

リップの角度が鋭角になるとよく潜ります。

渓流では主にフローティングを使います。

 

写真はシンキングです。

写真でもわかるようにリップが大きく、よく潜ります。

淵の底を探って大物を狙うとかで使い方はいろいろあります。

 

最初のうちはフローティングを中心に持っておくといいでしょう。

底の方を探るといっても、スプーンで探ることがほとんどです。

スプーンで反応がなければ、ミノーで探るみんいな感じです。

 

サイズは3~7センチを持っておけばOKです。

買いにいくとわかりますが、スプーンやスピナーと比べ

高額です。

管理人も最近そのことがあり、使う頻度が少なくなりました。

 

使い方としては、トゥイッチングをしながら使います。

トゥイッチングとはロッドを細かくあおって、

小魚のキラキラ感を演出します。

 

形は細いほど、流れで安定します。

渓流では、細身の物が多くなります。

スピナーについて

スピナーはスプーンとともに

渓流でよく使われるルアーです。

ブレイドが回転することで、トラウトにアピールします。

ブレイドの形によって、水の抵抗が変わります。

幅が広くなるほど、ゆっくり巻いても回転します。

その分浮きやすくなります。

 

 

中層から上層を狙うさいによく使います。

ブレイドが回転しないと魚の興味がわかないので、

渓流では、上流にキャストしたさい、

流れよりも速く引かなければいけません。

 

アクションはあまりつけなくても、

回転によるアピールが強いので、よく釣れます。

 

重さは3gと5gをそろえればOKです。

カラーはシルバーとゴールドがあれば、

とりあえずOKです。

 

ちなみに写真のスピナーはダイワのブレットンです。

 

 

スプーンについて

スプーンは最も基本的なルアーです。

形からもわかるように、食器のスプーンが起源です。

とてもシンプルなルアーです。

その分奥が深いのも確かです。

水中でユラユラしながら、泳ぎます。

このゆらゆらをウオブリングといいます。

 

速くリールを巻きすぎると、回転します。

速い流れでは回転しやすくなります。

形が細くなるにつれ、速い流れの中でも

回転しにくくなります。

 

使い手によって、川の底から中上層までの

レンジを自由に狙えます。

 

スプーンをある程度使えるようになれば、後のルアー

は応用です。

選び方は重さで選びます。

重さで大体サイズがきまります。

3~7グラム前後をそろえましょう。

 

お勧めはコータックの3g、5g、8gです

カラーは金と銀があればOKです。

最初のうち、カラーはそんなに気にしなくてもいいです。

渓流のルアーは3種類

渓流のトラウトルアーフィッシングで使うルアー

は3種類です。

 

スプーン、スピナー、ミノーになります。

 

スプーン

 

スピナー

 

ミノー

 

いろいろ種類はありますが、

大体写真のような形をしています。

ルアー全体で分類すると、ハードルアー

といわれる物です。

 

これとは反対にソフトルアーと呼ばれる物があります。

ワームなどがそうですが、渓流では一般的ではありません。

 

コノ3種類を大きさや形、重さの違いで、何種類か準備します。

根がかりなどで、ロストが激しい釣りなので、

数は多いにこしたことはありません。

写真は管理人のルアーケースです。

これでも足りないくらいです。

ミノーは別のケースに入れています。

 

 

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ