「ルアーフィッシングの装備」の記事一覧

絶対必要なフィッシングプライヤー

フィッシングプライヤー

渓流のルアー釣りに限らず、フィッシングプライヤーは、必ず必要なアイテムです。

フィッシングプライヤー

 

その理由は

1、仕掛けを作る

2、ハリを外す

 

このうち1、の仕掛けを作るでもっとも重宝します。

 

フィッシングプライヤーはラインカッター、スプリットシングを開く、シンカーをかませるなど、いろいろな使い方ができます。

構造をみるとわかります。

フィッシングプライヤー

 

写真の部分がラインカッターと、スプリットリングを開ける箇所になります。

最近ではPEライン対応のラインカッターが装備されています。

写真nプライヤーもPEライン対応です。

 

スプリットリングは手で開けようとしての手ごわいです。

釣り場でフックの交換が必要な時、写真の部分でスプリットリングを挟むとすぐにオープンできます。

 

またペンチなので、渓流のエサつりなどで、ガン玉をつぶしたり

バス釣りのシンカーをつぶしたり、開いたりするのにも役立ちます。

 

2番目のハリを外すですが、ミノーなどフックが2つあるルアーは手でハリを外すのは

なるべく避けたほうがいいです。

 

外しているときに魚が暴れたら、フリーのハリが手に刺さりケガの原因にもなります。

渓流以外の釣りでもハリを飲まれた時などに、外すとき役立ちます。

 

使い方はこれだけではないので、工夫次第でいろいろ使えます。

例えば藪漕ぎの時に邪魔な枝を切ったり、

海の魚で手で触るとケガしそうな魚をつかんだり。

いろいろ使えます。

 

ふつうの工具にペンチと比べると、形が違い、軽くできてるので

フィッシングプライヤーをお勧めします。
>>>フィッシングプライヤー一覧

ルアーフックの研ぎ方

ルアーフックの研ぎ方はある程度決まっています。3方向から研ぎます。

まず初めに、フックの両側面をとぎます。

huku2

研ぎ方は、フックの先っぽがとがるようにするので、ある程度角度をつけて、

写真だと上に弾きます。

ゆっくりではなく、勢い良くひきます。

 

ミノーなど、フックが2個以上ついているルアーは、フリーになっているフックが手に刺さったりするので注意してください。

 

huku3

 

次に反対側を研ぎます。反対側も同じ用にある程度角度をつけて、勢い良くひきます。

 

huku4

 

最後に正面を研ぎます。

これで完成です。

 

huku1

爪にひっかけて、滑らなければOKです。

 

 

 

 

写真では、分かりづらいの動画を用意しました。動画を見ていただければ、やり方が分かります。

慣れれば簡単です。

 

コツはフックシャープナーにあります。

 

huku5

今回使ったフックシャープナーはオーナー針 フックシャープナーです。

 

 

他にもたくさん種類があるので、好みの物を選びましょう。
フックシャープナー一覧

ルアーフックの先は常に鋭く。チャンスは1回

ルアーフックの先っぽは常に研いでいますか?

 

岩にぶつかったり、根がかりしてりすると、簡単に先が丸くなってしまいます。

先っぽが丸くなると、あたりがあってもほとんどフッキングしません。

渓流のトラウトルアーフィッシングは向う合わせ(魚からフッキング)で、仮刺さりします。

それをライン、ロッドを通して釣り人が感じ、合わせます。

 

魚とコンタクトする最初の部分なので、釣果を左右します。

 

どうやってチェックするの?

 

針先のチェック方法はとても簡単です。

 

 

huku1

 

写真のように、自分の親指にあてて、フックが滑らなければOKです。

もし滑ったり、親指に傷がつく程度の尖り具合なら、

フックシャープナーで研ぎます。

 

フックの先は常に気にしなければいけない部分です。

次の記事で、研ぎ方を紹介します。

 

ランディングネットについて

ニジマス

ランディングネットは、

大物がかからないと、あま使用しません。

渓流の魚に対して、タックルの方がたいがい勝っています。

しかし、本流などで、大物がヒットする可能性がある

場所では、必要です。

 

渓流は足場がいいところだけとは限りません。

岸に引きずり上げたり出来ない場所もあります。

せっかくヒットして、近くまで寄せた大物を

取り込めないとなれば、とても残念です。

 

またミノーなど、フックが2箇所についている

ルアーでヒットした魚を

ハンドランディング(えらや口に手を入れてつかみあげる)

そするのはとても危険です。

そのためにもランディングネットは必要です。

 

 

動画はエサ釣りでニジマスをランディングしたところです。

ネットなしでは、取り込めなかったと思います。

ルアーフィッシングでも同じです。

川に立ちこんでのランディングならば、

必ず必要です。
>>>おすすめランディングネット

偏光グラスの重要性

渓流のトラウトルアーフィッシングだけでなく

他の渓流釣りでも偏光グラスは必ず使います。

渓流は水が澄んでいる分、水面から、

水中を観察しやすいです。

 

その分見て釣るということも多くなります。

その利点を最大限に生かすためにも

偏光グラスは必需品です。

 

水面が波立っていると、水中の様子がわかりにくくなります。

 

写真を見ると、水面に日光が反射して、

よく水中の様子がわかりません。

カメラに偏光グラスを当ててみました。

これで水中の様子がわかります。

あなたには何か見えますか?

 

 

 

 

写真をクリックして大きくするとわかりますが、

ニジマスがいます。

動画も撮影しました。

 

 

偏光グラスをするだけで、

渓流ではポイントが増えたように感じます。

必ず必要なアイテムです。

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ