「ルアーフィッシングの装備」の記事一覧(2 / 2ページ)

最低限必要な道具

渓流のトラウトルアーフィッシングで必要な物を紹介します。

 

●ルアーケース

ルアーを入れるケースです。

 

●ラインカッター

ラインを切る道具です。

爪きりのような形をしています。

 

●偏光グラス

光の反射を抑え、川の中を見やすくします。

サングラスとは違います。

 

●フックシャープナー

フックの先を研ぐ砥石です。

渓流のルアーフィッシングでは、常に針先を尖った状態にします。

 

●ランディングネット

魚を入れる網です。

大物がかかった時は重宝します。

 

●フィッシングプライヤー

つり用のペンチです。

スプリットリングを開けたり、ラインを切ったり、魚にかかったフックをはずします。

有るとと無いとでは大違いです。

 

ここで紹介した道具は最低限必要な道具です。

実際に釣りに行くと、意味がわかります。

初心者の方は是非そろえてください。

 

必要な服装

渓流のトラウトルアーフィッシングは

自然の川で行う釣りです。

そのため、川の中を歩きます。

そのため必要な装備があります。

 

写真はウエーダーと呼ばれる長靴です。

腰の辺りまであります。

ウエダーの他にウエーディングシューズと呼ばれる

靴もあります。

 

これはフィッシングベストです。

いろいろな道具をしまえるように、ポケットがたくさんついています。

服装で必要な物はこの2点です。

どちらも釣具店で売っています。

 

ウエーダーは消耗品です。

管理人は安い物を毎年買い換えています。

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ