「ロッドを選ぶ」の記事一覧

渓流のトラウトルアーフィッシングロッドの選びかたまとめ

これまでのロッドの選び方をまとめると

初心者の方が渓流のトラウトルアーロッドを始めて1本選ぶならば

  • スピングロッド
  • 長さ:5フィート
  • アクション:ウルトラライト(UL)
  • 素材:カーボン
  • 調子:ファストテーパー
  • リールシート:スクリュー式
  • リールをつけての重心がグリップにある

となります。

 

管理人も理想的なロッドを1本もっています。

こういったロッドはとてもベーシックなタックルなので

いつまでも使います。

 

こちらのタックルが管理人の持っている

ベーシックなロッドです。

これにシマノの1000番のリールを組み合わせています。

常にクルマにつんでいて、

時間が空けば、よく使っています。

 

値段も手ごろな物にしているので、

キズとか気にせず使えます。

 

写真者の方は是非こういうタックルを最初に選びましょう。

タックル選びは上達の第一歩です。

 

 

ロッドの長さについて

最後にロッドの長さです。

渓流のトラウトルアーフィッシングでは

自然の川に行って楽しむので、

当然、木や岩など障害物がたくさんあります。

 

そのためあまりにも長いロッドは不利です。

最近ではウルトラライトでも7フィート以上の

ロッドも売られています。

これは管理釣り場で使う物です。

 

渓流では5フィートのロッドが一番使いやすい長さです。

5フィートの他、

本流などロングキャストが必要ならば

5フィート6インチのロッドを選べばOKです。

 

初心者の方が始めの1本を選ぶとすれば、

5フィートがベストです。

取り回しがめちゃめちゃ楽です。

ロッドのバランスについて

渓流のトラウトルアーロッドを選ぶとき

最後に見なければいけないポイントが

バランスです。

 

 

ロッドその物のバランスも重要ですが、

それよりもリールをセットしてのバランスです。

重心がグリップにこない物はアウトです。

 

子供部屋で撮った写真でちょっとごちゃごちゃしていますが、

写真のようにグリップに重心がきています。

さすがフェンウイック

こうなればOKです。

 

こうならないと、1日振る物なので、すぐに疲れてしまいます。

 

重さについてはカーボンロッドを選ぶ限り、

軽いので、問題ないです。

 

渓流ルアーロッドのテーパー(調子)について

ルアーロッドには、同じアクションでも

ロッドの曲がり方に違いがあります。

 

一般的に3種類あります。

  1. ファストテーパー
  2. レギュラーテーパー
  3. スローテーパー

になります。

1、ファストテーパーは先の方がよく曲がり、

根元に近くなるほど硬くなります

写真のように先のほうだけ、曲がりが大きいです。

先の方だやわらかいので、正確なキャスティングに向きます。

渓流では、正確なキャスティングをしなければ、

釣りにならない場面もあるので、

その点だけ考えれば一番適しています。

その分、ベリー(根元)が硬いので、

小さな魚をかけると、ロッドの方がオーバーパワーで

釣り味はつまらないです。

 

 

2、レギュラーテーパーはロッドの真ん中あたりがよく曲がります

写真のように真ん中あたりに調子があります。

レギュラーテーパーはファストテーパーと

比べると、アキュラシーキャスト(正確なキャスティング)が

しにくくなりますが、なれでなんとかなります。

キャスティングと魚とのやりとりをかなえると、

レギュラーテーパーが優れています。

 

 

 

3、最後にスローテーパーはロッドの根元から曲がります。

写真のようにロッド全体が曲がります。

スローテーパーはアキュラシーキャストに

もっとも向きません。

でもこれで慣れると、魚をかけた時、

最も楽しめます。

スローテーパーで注意しなければいけないのは

ベリー(根元)にパワーあなく、

あわせが効かない物があります。

またもしも大物が来たとき、ロッドがのされる

可能性もあります。

 

これから始める初心者の方が始めに1本選ぶとすれば

ファストテーパーのロッドがお勧めです。

もしも大物がかかっても、ロッドがのされることは、

渓流ではまずないです。

 

慣れてきたら、レギュラーテーパーを使う。

後好みの問題です。

 

リールシートについて

スピニングロッドを選ぶところまで決まったら、

次にリールシートを考えます。

 

リールシートとは、リール固定する金具とシートのことです。

スピンニングロッドのシートには

リング2個でとめるものから、スクリュー式の物など、数種類あります。

写真はリング2個でリールを固定します。

固定するとこうなります。

簡単に固定できますが、キャスティングを繰り返している

うちに、リールが外れます。

写真は金具がネジ状になっていて、回して締め付けて固定します。

固定するとこうなります。

強く締め付けないと、だんだん緩んできます。

リング式よりは、キッチリとまります。

 

本体そのものでとめる物。

グリップの上の部分がスクリューになっていて

まわして固定します。

一番しっかりとまります。テコの原理でグリップのスクリューを

回すと、強く締め付けできます。

代表的なリールシートはこの3点になります。

 

リング式は使っているうちに必ず緩むので、

ほかの2つの固定方法のシートを選ぶといいです。

 

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ