「渓流のトラウトルアーフィッシングについて」の記事一覧

どんな場所で渓流のルアーフィッシングをするのか

ヤマメやイワナ、ニジマスといったトラウトは

川の中上流域に生息しています。

 

渓流のトラウトルアーフィッシングも

中上流域で行います。

 

 

本流

 

 

写真や動画のような中流域から上流になります。

 

ちなみに写真と動画の川は宮城の荒雄川です。

この川はキャッチ&リリース区間が設定してあります。

キャッチ&リリース

 

キャッチ&リリースとは釣った魚は必ず川に戻すということです。

全国でも設定している川が増えています。

 

初心者のうちはこういう川を選んでいくようにするといいです。

毎年放流量も多いので、スレていない魚も多いです。

 

この川は本流です。

もちろん支流でもルアーはできます。

 

しかし、こういった大きな川の本流で釣ってこそ

トラウトルアーフィッシングの醍醐味があります。

 

時には大物に出会うこともあります。

 

初心者の方に

できるだけ魚が多くて大きな川をこのブログでは推奨します。

どんな魚が釣れるの?

渓流のトラウトルアーフィッシングで釣れる魚は主に3種類です。

 

  • ヤマメ(アマゴ)

ヤマメ

 

  • イワナ

イワナ

 

  • ニジマス

ニジマス

 

になります。

 

 

他にもブラウントラウトやコーホサーモン、ブルックトラウト、アメマス、イトウ、オショロコマ

などのトラウトが釣れますが、日本全国で一般的なのはヤマメ(アマゴ)、イワナ、ニジでしょう。

 

 

■ヤマメは渓流魚のなかでもとてもキレイな魚で

体側に丸い斑点が並んでいます。

コノ斑点をパーマークといいます。

 

 

とても警戒心が強く、アタマがよく、動きが俊敏です。

釣るのが難しいだけに、釣り人を燃えさせる何かばあります。

 

 

中流域から上流まで生息していて、一番の対象魚です。

30センチを超えると大物になります。

アマゴはヤマメと似ている魚で西日本に生息しています。

 

 

■イワナは一番上流にいる魚で、上流から源流まで生息しています。

全身に白い斑点があります。

とても獰猛で生命力も強いです。

 

 

ただし、水温には敏感で冷たい水を好みます。

ルアーや毛ばり、エサで釣ると、ヤマメと比べ

動きが鈍いです。

 

 

■ニジマスはもともと外国から輸入された魚です。

天然繁殖するのは珍しく、放流物がほとんどです。

極一部の河川では天然繁殖も確認されています。

 

 

ヤマメやイワナよりも

生息域がひろく、適応力もあります。

動きはヤマメほどではありませんが、

この中では一番パワーがあります。

 

 

ドラグを鳴らすのコイツとのファイトです。

虹色に光る体側が特徴です。

 

 

■番外(外道)

ハヤ

ハヤです。

 

 

ウグイと呼ぶ地域もあります。

 

 

渓流では代表的な外道です。

鯉科の魚で、4月ごろ群れになって川を上り、産卵します。

トラウトと比べ、触るとぬるぬるします。

渓流のトラウトルアーの魅力

 

渓流のトラウトルアーフィッシングの魅力を管理人なりにまとめてみました。

管理人が一番魅力を感じている点は、「めんどくさくない」

これが一番魅力を感じています。

 

仕掛けが単純なので、エサ釣りみたいに仕掛けをつくる手間がありません。

あともう一つ大きな魅力として

デカイ魚がかかった時、走る跳ねるが魅力です。

 

 

リールのドラグ(ブレーキ)をジージーならしてのやりとりはなんともいえません

ニジマス

(50センチオーバーのニジマス)

 

 

その他の魅力

  • 釣れる魚が大きくキレイ
  • テンポがよく、移動距離が長い
  • エサ釣りやフライ、テンカラと比べ攻められるポイントが多い
  • 深場の魚を誘いだせる
  • 装備が軽装で動きやすい
  • 細い糸で大物を釣った時は達成感がある
  • リール等精密で操る楽しみがある

 

まだまだあげれきりがないと思います。

とにかく面白いし、ハマります。

また道具もハマるとキリがありません。

オールどタックルなんてとても魅力的です。

 

 

オービス100

(オービス100SS)

 

 

 

こういう古い道具は味があります。

自然を相手にオールドタックルなんて

考えただけで渋いです。

 

 

 

あなたもこの魅力にぜひハマってください。

 

 

 

ルアーの起源をご存知ですか?

あなたはルアーの起源をしっていますか?

 

ルアーの起源なんて調べてもしょうがない。

そう思われるかもしれません。

 

でも楽しいことって、ついつい調べてしまいます。

ルアーの起源はウソかた本当かはわかりませんが

食器のスプーンと言われています。

 

言い伝えでは

 

ある日、旅人が湖のほとりで食事をしていたら
間違って、スプーンを湖に落としてしまった。

 

 

スプーンがユラユラ沈んで行くとスプーン

めがけてマスが襲い掛かった。

 

これを元にスプーンに針をつけたのがルアー
の始まりと言われています。

 

 

言われてみれば、ルアーのスプーンは
食事をするスプーンに似ています。

 

 

それから現在に至るまで、いろいろな種類のルアー
が誕生しました。

 

 

一応この話がルアーの起源といわれています。

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ