もうすぐ渓流解禁!!あなたはどの川へ?

SANYO DIGITAL CAMERA

 

去年釣った、一番でかかったニジマス。

計ったら54センチありました。

ちょっと砂で汚れてしまいましたが、キレイなニジマスでした。

 

でもあまりファイトがなく、するするとよって来ました。

 

解禁前になると、毎年こんな写真を見て、テンションが高くなってます。

でも実際釣り場にいくと

SANYO DIGITAL CAMERA

 

こんなに雪が!

 

ちょっとだけ釣りして、寒さに負けてすぐに帰ってくるっていうパターンを毎年繰り返しています。

 

解禁日の川を選ぶコツ

どの川に行っても雪があるのは仕方ないです。

川を選ぶ時、その中でもできるだけ雪が少ない川を選ぶのがいいでしょう。

雪が少ないので、比較的水温も高く、魚の活性も高いと思います。

事前にわかる情報として、チェックしなければいけないのが、放流量です。

 

放流の数次第で、その日釣れる釣れないが決まります。

解禁日に合わせて放流する漁協が多いのは確かです。

 

解禁日に必ず攻める場所

どんな川でも魚がたまっている場所があります。

それは

 

淵と堰堤下です。

SANYO DIGITAL CAMERA

 

解禁日はどの川でも3月になることが多く、まだまだ水温が低い状態です。

そんな時は、深場に魚がむれていたりします。

雪代(雪溶け水)が入っていたら、さらに水温がさがります。

 

もうすぐ解禁です。

今年も渓流ルアー楽しみです。

One Response to “もうすぐ渓流解禁!!あなたはどの川へ?”

  1. daiki より:

    こんにちは。渓流のブログを色々読んでたらコチラのブログに辿り着きました。楽しく読ませてもらいました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。
    ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ

このページの先頭へ